スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛤御門チャリ通過

更新が2ヶ月も空いてしまいました
いろいろご心配くださった方、本当にありがとうございます
心機一転、リフレッシュ休暇中です。
この二ヶ月せっかくいろいろなイベントにも参加したので、またおいおいアップしていこうと思います。
でもまずは…

先日の『龍馬伝』。

皆さんご覧になりましたか~?
「蛤御門の変」の回でしたね。これを観たら行きたくなったのが、蛤御門(単純ですね~笑)。
さっそく翌日にチャリを飛ばして行ってきました。

今出川通沿いにチャリを飛ばして5分(近!)、蛤御門です。
この門は、京都御苑西側の中央にあります。

IMG_1924_convert_20100623104021.jpg


改めて眺めると、立派な門ですね~。


おお、弾痕!(何度も見たくせに…笑)とか言いながらしげしげ眺めていると、似たようなことを考えて来たらしい方々がちらほら…。

IMG_1925_convert_20100623104148.jpg


そんな私たちをよそ目に、次々チャリで門をくぐる地元の方々…。

そういえば、シスターズの花見のとき、「森のハンバーグ屋さん」(うまいんだ、ここの)のデリバリーの引き取りがこの門でした。


そもそもこの門は、禁裏に直結する為にもともとは開かずの門(禁門)。天明8年(1788)の大火のときに初めて開けられたことから「焼けて口開く蛤(はまぐり)」に例えられ、「蛤御門」と呼ばれた場所です。
その後、「八・一八の政変」、「蛤御門の変」など、幕末はまさに激戦区

そんな時代から150年近くたった今。

開きっぱなしのこの門には、チャリも通れば、ハンバーグも届く…!!


素晴らしい時代です。



さて、門をくぐると。

御苑内サイクリングをしたことがある方ならご存知、激細サイクリングロード(笑)。

IMG_1926_convert_20100623104228.jpg


基本、御苑内は砂利道なので、自転車は向きません。
ですが、多くの方が通るうちにいつのまにかこのような道ができています。

この道の上を走るのとそうでないのではらい違い。

でも、対向車が来たら、タイミングをみて譲りましょう~。
お互いが譲り合って、両者ガタガタしてる様はちょっと笑えます。

これからまだまだ雨の日が多いですが、たまの晴れの日、こんなふうにローカルな京都を楽しみたいと思います。
スポンサーサイト

ikoi cafe

まだここで書いたことがないのですが、実はモーニングに出かけるのが大好きです!

一人暮らしだと、なかなか朝ごはんに気合を入れることができず…。

たまの休みに、ちょっと贅沢な朝ごはんと美味しい珈琲を飲みにいくことが楽しみの一つです。


今日は…


四条坊城にあるikoi cafeにて。

IMG_1644.jpg

パン、サラダ、オムレツ、ウィンナー、ドリンクのCセット650円を注文しました。

IMG_1643.jpg

ドリンクからは、こんなかわいい絵の描かれたカプチーノも選べます。

パンは北欧風パンで有名なキートスさんの。

どれもおいしくて、とても満足です。

IMG_1645.jpg

IMG_1646.jpg

IMG_1647.jpg

店内には、乙女な工夫がいっぱい。


京都のフリーペーパー「go baaan(ゴ・バーン)」最新92号にて紙面初登場というこのカフェ、かなりおすすめです!

IMG_1648.jpg

<ikoi cafe イコイカフェ>

TEL 075-822-4141
住所 中京区壬生御所ノ内町20-2
営業時間 7:30〜18:00
定休日 木曜休

モーニングは10:30までです。



京都桜旅 2010 4月

4月に入ってから楽しんだ京都の桜を紹介します。

この時期の京都は、車での観光はとても大変です。だから、自転車がおすすめ!
朝早くから自転車で桜見物を楽しむ人々が続出です。(maikyちゃん命名「桜チャリダー」)



4月2日 大報恩寺 通称:千本釈迦堂(上京区)
IMG_1516.jpg


雨上りでだいぶ散ってはいましたが、とてもきれいな枝垂れ桜(阿亀桜)でした。

IMG_1518.jpg


IMG_1521.jpg


4月2日 平野神社(上京区)

江戸時代は「平野の夜桜」として知られたこの神社、現在は50種400本の桜が植えられているとか。
この日は8分咲き。まだ少し早かったです。

IMG_1524.jpg

IMG_1525.jpg



4月2日 六角堂(中京区)
 
花道発祥の地として有名なお堂でだそうです。由来については全然知らなかったな~。

~六角堂の北面に、太子が沐浴されたと伝えられる池跡がありますが、この池のほとりに小野妹子を始祖と伝える僧侶の住坊があったので「池坊」と呼ばれるようになりました。池坊の祖先は、朝夕宝前に花を供えてきましたが、ついには代々いけばなの名手として知られるようになり、いけばながひろがりました。~(六角堂ホームページより)

IMG_1528.jpg



ここの枝垂桜は色がだんだんと濃く変化していくことで有名ですが、今回は一日しか行けなかったので、だいぶ濃くなってからの写真です。


枝垂れ桜の下に並ぶ羅漢さんがとても愛らしいです。

IMG_1531.jpg

IMG_1534.jpg






4月6日 宇治

ここだけはチャリでは行けません。
でも絶対行きたかったところ。
二年前は早すぎて…一年前は遅すぎて…でも今年は…!

IMG_1567.jpg


IMG_1571.jpg

(宇治神社鳥居)


IMG_1572.jpg

IMG_1581.jpg

(恵心院)

IMG_1585.jpg

IMG_1587.jpg

IMG_1589.jpg

IMG_1612.jpg

IMG_1610.jpg


今年はほとんどの休日が雨でしたが、この日だけは運よく晴れました!


もっとものんびり楽しめた桜でした。


4月6日 京都府立植物園(左京区)

初めてここのライトアップに行ってきました。

丁度見ごろで、本当にきれいでした。

写真がぼけております。。。すみません。

IMG_1616.jpg

IMG_1618.jpg

IMG_1620.jpg

IMG_1622.jpg

花曇り

20100329215836
曇り…どころではなく、今日の京都は夕方から雪でした…!
寒い寒い…!


水火天満宮にて。

4月のおもしろイベント 告知

以前ブログにも書きました、京都豆禅さんでの正式な第1回闘茶会のお知らせです。

「第一回 豆禅闘茶会」
 主催「豆禅+竹村玉翠園本舗」
日時:平成22年4月4日(日) 午後3時~5時
場所:「豆禅」京都市左京区下鴨東高木町13-4

参加費:2,000円 最小催行人数10名

※参加者が10名に満たない場合は珍しいお茶を飲む会になります。

当日キャンセルは全額頂戴いたします。
(厳しい条件で申し訳ないのですが、準備の都合上宜しくお願いいたします。)

優勝者と2位の方には【賞品】があります。
その他全員【参加賞】有り。
豆禅のポイントももらえます。
競技終了後、特注の和菓子とお茶で団欒のひとときをお楽しみ下さい。

参加していただける方は、
件名に「第一回 豆禅闘茶会」参加希望と必ず明記の上
参加者氏名(フリガナ)・郵便番号・住所・電話・携帯・メールアドレスをご記入いただき
info@gyokusuien.com 担当:玉翠園 Kyokoさんまでご連絡下さい。

どなたでも楽しめるイベントです!町家の雰囲気を味わいながら、お茶の味比べを楽しんでみたら?
主催者ホームページ
竹村玉翠園
http://www.gyokusuien.com/

豆禅
http://www1.odn.ne.jp/mamezen/mamezen/

プロフィール

二人静◇

Author:二人静◇
京都在住の東京人。
小さい頃から表具屋の祖父にくっついて美術館、お茶会、能楽堂に通ううち、日本の芸術文化のとりこに…。
心豊かな和美・茶美らいふを送りたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。