スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨とネビユラ

梅雨の季節が似合う。

そんな男がいる。


彼の名はネビユラ。
大学時代の友人で、カフェで働きながらアマチュアミュージシャンとして活動している。


先日、彼が関西三都市(神戸、大阪、京都)のライブハウスをまわるというので、京都のVOX HALLへ聴きに行って来た。


IMG_0590_convert_20090709194109.jpg



新しくできたマキシ『雨夜鳥』(あまやどり)からの選曲は、「雨」、「かたつむり」、「紫陽花」などの、今にぴったりなキーワードが多く、彼のソフトハスキーヴォイスと、アコギの音色がまた雰囲気をだす。


これは女性ファンを増やしそうだな。


そう思った矢先、早速女性がCDを買いにやってくる。

ほほう…♪



彼の音楽は、繊細で温かみがありながら、ときに情熱的である。
一見クールで、中は熱い。そんな人柄が表れているかもしれない。

そんな彼と彼の音楽には、梅雨の時期の花々のように、しっとりとした落ち着きと、じっと夏を待つ忍耐強さのようなものを感じる。


私は雨の休日、彼の音楽を聴きながら、カフェで庭を眺めて過ごしたりするのが好きであったりする。

IMG_0550_convert_20090709194020.jpg



スポンサーサイト
プロフィール

二人静◇

Author:二人静◇
京都在住の東京人。
小さい頃から表具屋の祖父にくっついて美術館、お茶会、能楽堂に通ううち、日本の芸術文化のとりこに…。
心豊かな和美・茶美らいふを送りたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。