スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二人静

さて、今日は文様の話。

ペンネームに使わせていただいている「二人静(ふたりしずか)」。(素敵な名前を使ってますねってお声をいただきました~。ありがとうごいざいます♪)

実はこれは、茶道の世界で珍重されている名物裂の名称からとったもので、表具師の祖父から小さい頃に教わった裂地の中で、とくに気に入っている文様です。

現物が今手元にないため、こちらでチェック… 

鳳凰(ほうおう)が向かい合って円紋になった意匠です。
名称の由来は、能の「二人静」からきていると言われています。桃山時代の大名茶人、織田有楽(おだうらく)所持の茶入に使われており、有楽が能「二人静」の名人だったことによるとか、また、足利義政がこの裂で作った装束を着て能を舞ったからなど、諸説残っています。

こういった茶の裂地は、もともとそれ自体につけられた名前ではなく、所有していた人、使われた場所などに由来することが多く、名前だけ聞いても形はぴんとこなかったりします。
でも、由来を知ると一つ一つの名称そのものに歴史が感じられ、また、その名の響きが素敵であったりして、とても魅力を感じます。

もとになった「二人静」の能は、吉野勝手明神の神職の使いで菜摘にでかけた女に静御前の亡霊が乗り移り、舞を舞ううちに静御前の霊が現れるというものですが、能舞台では面をつけた二人の舞い手(菜摘の女と静御前の亡霊)が全く同じ舞を舞うため、とても難易度の高いものとされています。(余談ですが、私の習っていた宝生流では見たことないな~と思っていたら、観世、金春、金剛、喜多の四流でしか舞われないのですね。。。)


二つのものが同じでありながら異なるもの…。両者の間の緊張感が、またなんともいえない世界を作り上げます。この文様にも、そんな緊張感が出ていますよね。


この能「二人静」の名からとったものの中には、茶花に愛用される植物もあります(
スポンサーサイト

京都年末年始

年末年始、皆様いかがお過ごしでしたか?

私はせっかくの京都の年越しなので、京都の行事を見に行ってみました!



31日 八坂神社 をけら詣り

まず、「をけら」ってなんだ~!ですよね。以下、京の祭礼と行事からの抜粋ですが…

~ 「をけら」は漢字で書くと「朮」と書きます。キク科の多年生植物で、漢方薬にも使われています。1年の邪気を取り払うと言われ、お正月に飲むお屠蘇(とそ)の原料にもされます。
八坂さんでは境内に「をけら火」という、神前に捧げた浄火がかがり火(をけら灯篭)として焚かれます。この火で元旦の雑煮をたいて食べると、その年1年を無病息災で過ごせると言われており、参拝者は吉兆縄に火をともし、火が消えてしまわないように、縄をくるくるまわしながら家に持ち帰ります。  ~

IMG_1347_convert_20100104103939.jpg

IMG_1350_convert_20100104104025.jpg


で、実際行ってみると、境内のあちこちで写真のような縄が売られており、みなさんこれの先っぽに火を移して、ぶんぶんと振り回しています。

その光景はさながらローハイド。

あっちもこっちも…ローレンローレンローレン…♪(古すぎですか)

私もやってみたかったのですが、これをもってとなりの知恩院の除夜を鐘を見に行けないので、あきらめました。
でも、この縄、帰るまでに全部燃えちゃったりとかはしないのか気になります…。



知恩院 除夜の鐘

「行く年来る年」でもおなじみのあの光景を見たい…!ということで行ってきました。
混雑のピークをなるべく避けたかったので、開始の22時40分前に行ったのですが、けっこうすでに行列。

でも、開始と同時にすいすい列は進み、まもなく見えてきました~あのでかい鐘が!
直径2.7メートル、高さ5.4メートル、約70トンもある日本一の梵鐘(重文)は、さすがに迫力があります。奈良の東大寺、東山区の方広寺と並んで日本三楼鐘の一つとされており、これをつくのに、実に17人もの僧侶が役割分担をします。
1人が親綱を持ち、仰向けにぶら下がるようにしてつき、残りの16人は子綱を持ち、掛け声と共に鐘をつく、というけっこう思ったよりアクロバティック…!


そして音も…

ごぉお~ん…!!


素晴らしいです。


並んでる最中に、観光客の若い方が、「え、つかせてもらえないですか?」って聞いていましたが…。

ついてみやがれ…


以下、戦場のカメラマンのようにして撮影した写真です。鐘の周りはすごい人で大変でした。


IMG_1365_convert_20100104104220.jpg

IMG_1369_convert_20100104105441.jpg

IMG_1373_convert_20100104104524.jpg



いよいよ寒くなり、雪もちらちら。
人の混雑も尋常ではなくなり、私ははやくあったまりたくて、23時45分には帰宅していました。(ジルベスターカウントダウンに間に合った…!)


京都らしい光景を堪能した大晦日でした。



で、年明けて。


2日 六波羅蜜寺

一度はここで飲んでみたかった皇服茶(おうぶくちゃ)…!

これは、平安時代に京都に悪疫が流行ったとき、開山の空也上人が薬湯を本尊に供え病人に飲ませたところ病気が回復したという寺伝により、正月三が日だけ結び昆布と梅干しの入ったお茶を振る(一杯300円)という行事です。

IMG_1381_convert_20100104104612.jpg


IMG_1377_convert_20100104104642.jpg

実際のんでみました~。

う、薄…(笑)!

でも、これで無病息災!
厄除けにもなったことでしょう。

これから北野天満宮におまいりで~す。

学業成就!学業成就!

もはや神頼みからスタートの一年です。

あけましておめでとうございます

昨年は多くの方にお世話になりまして、ほんとうにありがとうございました。

どうぞ本年もよろしくお願いいたします。
プロフィール

二人静◇

Author:二人静◇
京都在住の東京人。
小さい頃から表具屋の祖父にくっついて美術館、お茶会、能楽堂に通ううち、日本の芸術文化のとりこに…。
心豊かな和美・茶美らいふを送りたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。