スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

○×▲□×~~!!

ここ数日で、いろいろな方からあたたかいメッセージいただきました。ありがとうございました!

本当に、人に恵まれた人生を送っているな~と思います。

未熟な部分が多いので、迷惑ばかりかけておりますが、どうぞこれからもよろしくお付き合いいただけたらと思います。



さて、最近痛い日記がつづいてましたが…。
昨日、こっちの痛みとおさらばしてきました。

例の右足。

病院でもらった薬のおかげでだいぶ痛みはおさまったのですが、スネの部分のぽっこり赤い腫れがひきません。

再び病院に行くと…


先生 「あれ~飲み薬効いてないね」

私  「でも…触らない限り痛みはなくなりましたよ」

先生 「う~ん……今日、切っちゃっていい?」

私  「えっ?!切る?!」

先生 「中の膿、出しちゃおう。その方が治り早いし、ね!」

私  「あの、でも…」

先生 「麻酔いらないよね?痛みに弱い?」

私  「?!!」

先生 「大丈夫、すぐ終わるから。」


ベッドに連れていかれると、すぐさま足にひんやり消毒液がはしる…。


私  「あの、まだ心の準備が…(涙目)!!」

先生 「はい、ちょっとがまんしてね~。」

私  「○×▲□×~!!」







声にならない痛みと格闘すること数十秒。

見事、注射器一本分の膿を出し切り、点滴室へ。


先生 「これで治りも早いと思うから」


脱力感と睡魔の中、来年は、来年は絶対良い年にしてやると誓ったのでした…。




本日、おかげさまで足はかなりきれいに治りました。
スポンサーサイト

comment

Secret

きっとね、今年は厄年なんだよ。
禍福はあざなえる縄のごとし、と信じておきましょう。

しかし、
麻酔無しとは痛いねえ。
以前家で落ちた物を拾おうとして床に手を伸ばしたら、
近くにあった引き戸のささくれているところが薬指の爪と身の間に刺さって、
中に入り込んで自分で取れなかったから病院で取ってもらったんだけど、
麻酔が切れた途端めっちゃ痛くて・・・。
その気持ち、わかりますわ。

>ティー太さん

ああ、久々に聞きました、「禍福~」の格言。
実家の父の口癖なんです(笑)。
そうですね、信じます!

ティー太さんの痛い思い出、想像しただけで涙でそうですよ~。イタイイタイ!

プロフィール

二人静◇

Author:二人静◇
京都在住の東京人。
小さい頃から表具屋の祖父にくっついて美術館、お茶会、能楽堂に通ううち、日本の芸術文化のとりこに…。
心豊かな和美・茶美らいふを送りたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。