スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二人静

さて、今日は文様の話。

ペンネームに使わせていただいている「二人静(ふたりしずか)」。(素敵な名前を使ってますねってお声をいただきました~。ありがとうごいざいます♪)

実はこれは、茶道の世界で珍重されている名物裂の名称からとったもので、表具師の祖父から小さい頃に教わった裂地の中で、とくに気に入っている文様です。

現物が今手元にないため、こちらでチェック… 

鳳凰(ほうおう)が向かい合って円紋になった意匠です。
名称の由来は、能の「二人静」からきていると言われています。桃山時代の大名茶人、織田有楽(おだうらく)所持の茶入に使われており、有楽が能「二人静」の名人だったことによるとか、また、足利義政がこの裂で作った装束を着て能を舞ったからなど、諸説残っています。

こういった茶の裂地は、もともとそれ自体につけられた名前ではなく、所有していた人、使われた場所などに由来することが多く、名前だけ聞いても形はぴんとこなかったりします。
でも、由来を知ると一つ一つの名称そのものに歴史が感じられ、また、その名の響きが素敵であったりして、とても魅力を感じます。

もとになった「二人静」の能は、吉野勝手明神の神職の使いで菜摘にでかけた女に静御前の亡霊が乗り移り、舞を舞ううちに静御前の霊が現れるというものですが、能舞台では面をつけた二人の舞い手(菜摘の女と静御前の亡霊)が全く同じ舞を舞うため、とても難易度の高いものとされています。(余談ですが、私の習っていた宝生流では見たことないな~と思っていたら、観世、金春、金剛、喜多の四流でしか舞われないのですね。。。)


二つのものが同じでありながら異なるもの…。両者の間の緊張感が、またなんともいえない世界を作り上げます。この文様にも、そんな緊張感が出ていますよね。


この能「二人静」の名からとったものの中には、茶花に愛用される植物もあります(
スポンサーサイト

comment

Secret

二人静って

夏目漱石の「虞美人草」にもちょろっと出てきた気がする!
すごくかっこいい小説だから、ぜひ読んでみて~。

二人静の文様リンク先を見てびっくり!
私の祖母が全く同じ色合いの帯を持っていたよ。
その文様の由来もとても深いね。

日本人らしく、とは現代生活を送る上では考えたり感じたりする機会って本当に少ないし難しいよね。
唯一、私は毎月行く歌舞伎で勉強している感じかなぁ。
何百年と受け継がれてきているものって、表面に現われるものだけでなくその奥底にあるものを学ぶこと・知ることによって本当の意味での面白さが分かるよね。

あ~ツージーと会って色々話したいわ(笑)

>izumiさん

さすが!振るネタが違いますね~(笑)。同じ漱石ファンとしてなんてうれしいコメントでせう。さうなのです!「虞美人草」では宗近と父親の会話の中でてきたのですね~。いや~久々に読みたくなりましたよ。

>namiwoさん

おばあさまの帯が…!なんて素敵なの…!
お茶されてる方なのかな?
こんな洒落た文様を生み出す日本人の感性ってほんとすばらしいよね。ぜひ後世に受け継がれてほしいです。

ああ!最近歌舞伎観てないよぉ~。行きたいわぁ。
私も久々にnamiwoさんと語らいたいですよ!

おお!

ツージーも漱石ファンだったのね!!
虞美人草は私の漱石ベスト1デスヨ。
あとは夢十夜とか三四郎も大好き!

おはようございます、二人静様

HNのご由来、てっきりお花の名前か謡曲かと思っておりました。
なんと文様にございますものなのですね~。
日本古来の文化というものは、何とも豊かなものですね。

追伸:三月にシスターズ全員集合!女飲みの会を致します!
もし、ご迷惑でなければ、お誘いしたいのですが・・・。
詳しくは、お手数ではございますが、私のアドレスにメールを頂けましたら、幸いです。女飲みですので、相方さんにはご遠慮願って(笑)。

もう亡くなっているけど、祖母は昔茶道をやっていたよ!

あ、ちなみに私も漱石の中では虞美人草が一番すき(笑)


>izumiさん

私も三四郎好きですよ~♪夢十夜は背中に背負って歩いている話がちょっとぞっとして好きです(笑)。ファンキーな映画もありましたな~。


>いけこさん

!!!

ありがとうございます!憧れのシスターズ…!!
ラブメールをお送りさせていただきましたので、ご確認いただけたら幸いです。


>namiwoさん

やっぱりお茶人であられましたか~!さすがいい帯をしてらっしゃる。残された帯から、おばあ様の粋な人生を想像するのも楽しいね♪
プロフィール

二人静◇

Author:二人静◇
京都在住の東京人。
小さい頃から表具屋の祖父にくっついて美術館、お茶会、能楽堂に通ううち、日本の芸術文化のとりこに…。
心豊かな和美・茶美らいふを送りたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。