スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本茶イベントいっぱい 1

今月は、休みほとんどが日本茶のイベント参加でした。


2月6日 シンポジウム「お茶の健康と科学」 

主催 茶学術研究会、社団法人静岡県茶業会議所
場所 相愛大学(大阪市住之江区) 

お茶に関して、様々な視点から専門的に研究されている方々の講演会で、普段はなかなか聞けない貴重なお話をたくさん聞くことができました。


内容は…

「抹茶の現状と未来」
日本茶インストラクター協会理事 桑原秀樹

「茶粥習俗の起源・分布・伝播」
相愛大学人間発達学部発達栄養学科教授 早川史子

「茶の香気生成機構の解明とその利用」
京都大学名誉教授 坂田完三

「緑茶抽出物による生活習慣病予防効果とそのメカニズム」
大阪市立大学大学院生活科学研究科准教授 小島明子

「緑茶カテキンの脳卒中予防効果」
近畿大学医学部 薬理学教室 助教 田渕正樹


とくに面白かったのは、坂田先生の講演で、台湾の東方美人の製法を例にした「お茶はいじめたほうが香りがよくなる」というお話です。この話を聞いたときにふと思い出したのが、香水にも使われる麝香(雄のジャコウジカの腹部にある香嚢から得られる分泌物を乾燥した香料。)
お茶に限らず、生物は興奮したり、危機を感じたり本能的に奮いたつことがあると、香りを発するものなのかもしれない…と思いました。
お茶って、何百という香り成分が合わさってあの香りを作っているんですよね。まだまだ解明できていないそうですが、精神的にとても落ち着くいい香りだと思います。今後もいろんな活用ができそうですね。


他の先生のお話も、インストラクターの勉強をしていくうえでもすごく役立つお話だったので、本当に有意義な時間でした。

この日ご一緒させて頂いたのが、ティー太さんとけいちゃん☆さん。お茶好きのお仲間と和気藹々いろいろお話できて、楽しい一日でした。

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

二人静◇

Author:二人静◇
京都在住の東京人。
小さい頃から表具屋の祖父にくっついて美術館、お茶会、能楽堂に通ううち、日本の芸術文化のとりこに…。
心豊かな和美・茶美らいふを送りたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。