スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪 湯木美術館

早朝桜を堪能した20日、久々に大阪へ行ってきました。

仕事の関係もあって、まずは淀屋橋の湯木美術館へ。

ここへ行くのは初めて。

日本料理店・吉兆の創業者、湯木貞一氏のコレクションを収蔵した美術館だそうです。


今回の展示は「茶の裂地」

仕事抜きでも、これは行かねば~~っと思っておりました。



京阪淀屋橋の駅を降りててくてく。

なんだか東京日比谷のビル下を歩いているような感じ…。京都にはない高層ビル群。都会だな~って、都会生まれが何をいうんだか。。。

美術館は歩いて10分くらいのところにありました。


ワンフロアの小さな展示室。

展示品も30点ちょっとですが、全てが素晴らしいものばかり…!

光琳の軸の表装も良いし…。

茶入の仕覆一つ一つの味のあるデザインに惚れ惚れです。

結構長くおりましたが、他の客がこない…!

場所がわかりにくいのかな…。


でもあとでここのホームページを見てびっくりです。

去年夏から更新がされていないじゃないか…!!

宣伝にやる気を感じられな~い!

いい展示だから、興味のある方は是非ご覧くださいね。



<湯木美術館>

展示内容 『茶の裂地』 3/20~4/25

場所   大阪市中央区平野町3-3-9

     大阪市営地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅 徒歩6分
     京阪電気鉄道京阪本線 淀屋橋駅 徒歩6分

TEL  06-6203-0188

開館時間 10時~16時30分(第1金曜は~19時)、入館は閉館の30分前まで

入館料  大人 : 大人:600円 大学生400円、高校生300円

地図などはこちらのHPからがわかりやすいです 



スポンサーサイト

comment

Secret

私も行きました

おじゃまします。
私も昨日(3/25)に行きました。
サイトの更新がされていなかったので、ダメ元で行ったら開館していたので、ビックリ。
展示内容は素晴らしいのに、“貸切状態”なんてもったいないですね。
(展覧会の度にリピーターしていますが、平日の昼間に行くと大抵そうなんですが)

NoTitle

>Akatsuki さん

はじめまして!コメントありがとうございます♪
初めて行ってみましたが、素敵な展示をされるところだなって思いました。ほんと、もっと事前情報とかほしいですよね。
また次回の展示にも伺ってみたいと思いましたe-420
プロフィール

二人静◇

Author:二人静◇
京都在住の東京人。
小さい頃から表具屋の祖父にくっついて美術館、お茶会、能楽堂に通ううち、日本の芸術文化のとりこに…。
心豊かな和美・茶美らいふを送りたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。