スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛤御門チャリ通過

更新が2ヶ月も空いてしまいました
いろいろご心配くださった方、本当にありがとうございます
心機一転、リフレッシュ休暇中です。
この二ヶ月せっかくいろいろなイベントにも参加したので、またおいおいアップしていこうと思います。
でもまずは…

先日の『龍馬伝』。

皆さんご覧になりましたか~?
「蛤御門の変」の回でしたね。これを観たら行きたくなったのが、蛤御門(単純ですね~笑)。
さっそく翌日にチャリを飛ばして行ってきました。

今出川通沿いにチャリを飛ばして5分(近!)、蛤御門です。
この門は、京都御苑西側の中央にあります。

IMG_1924_convert_20100623104021.jpg


改めて眺めると、立派な門ですね~。


おお、弾痕!(何度も見たくせに…笑)とか言いながらしげしげ眺めていると、似たようなことを考えて来たらしい方々がちらほら…。

IMG_1925_convert_20100623104148.jpg


そんな私たちをよそ目に、次々チャリで門をくぐる地元の方々…。

そういえば、シスターズの花見のとき、「森のハンバーグ屋さん」(うまいんだ、ここの)のデリバリーの引き取りがこの門でした。


そもそもこの門は、禁裏に直結する為にもともとは開かずの門(禁門)。天明8年(1788)の大火のときに初めて開けられたことから「焼けて口開く蛤(はまぐり)」に例えられ、「蛤御門」と呼ばれた場所です。
その後、「八・一八の政変」、「蛤御門の変」など、幕末はまさに激戦区

そんな時代から150年近くたった今。

開きっぱなしのこの門には、チャリも通れば、ハンバーグも届く…!!


素晴らしい時代です。



さて、門をくぐると。

御苑内サイクリングをしたことがある方ならご存知、激細サイクリングロード(笑)。

IMG_1926_convert_20100623104228.jpg


基本、御苑内は砂利道なので、自転車は向きません。
ですが、多くの方が通るうちにいつのまにかこのような道ができています。

この道の上を走るのとそうでないのではらい違い。

でも、対向車が来たら、タイミングをみて譲りましょう~。
お互いが譲り合って、両者ガタガタしてる様はちょっと笑えます。

これからまだまだ雨の日が多いですが、たまの晴れの日、こんなふうにローカルな京都を楽しみたいと思います。
スポンサーサイト

comment

Secret

No title

なるほど・・・今ではハンバーグも通れる門なのか(笑)
あの時の長州と会津の人たちには想像だにできなかったことだね!

大河の影響で、龍馬ゆかりの地をめぐる観光客の人たちが多そうだね。
とは言え京都はいつでも魅力的なところだけどね!

竜馬伝!

久しぶりの更新ですねぇ。
お元気そうでなによりw

あー、たまっている・・録画・・。
池田屋事件のところからまだみれていません^^;

サイクリングロードは知らなかったなぁ。

歴史的背景を知ってから、またその場所にいくと、
なんか感慨深いものがありますよね~。

蛤御門!!

お久しぶりです~。

をを、蛤御門!!ハンバーグも通るのねん。
細~い自転車道もツボですw

私も龍馬伝溜まってる・・・(汗)
分かっていながらお布団とお友達。

お互いぼちぼちいきたいっすね(^^;

こんばんは(^-^)
6月も残り少なくなって参りましたね。
京都御所は春と秋に一般公開をしてるので、私も何年か前に見に行ってきたけれど、すごくよかったですよ☆☆
そして、左近の桜に右近の橘も有名ですねヽ(^^)そして、今年は何より『龍馬』ブームなので、京都を始め、ゆかりの土地が賑やかになりそうですね☆☆

>なみをさん

確かに、当時の人が見たらびっくりでせう。

京都ってそこら中に歴史を感じられる場所があって、それが大きな魅力だねぇ。

>はぎさん

録画が溜まってるのね~(笑)。私ははじめはあまり観てなかったんだけど、最近は面白くなってきて毎週観てます。音楽と映像が独特ですね。


>ともうるまさん

お久しぶりです!そうですね、お互いぼちぼちいきましょう(^O^)龍馬の意気込みと、サッカーに元気づけられている今日このごろ。雨で外に出られないときは、龍馬をイッキ観ですね。

>ミッキー☆☆さん
お返事が遅くなってごめんなさい。
御所の一般公開行きたいんですぅ。すごい混雑はしょうがないですよね。京都はほんと歴史深い魅力的なまちです。片っ端から堪能できればと思います(笑)。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

二人静◇

Author:二人静◇
京都在住の東京人。
小さい頃から表具屋の祖父にくっついて美術館、お茶会、能楽堂に通ううち、日本の芸術文化のとりこに…。
心豊かな和美・茶美らいふを送りたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。