スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歳時記と文様

日本の十二ヶ月の行事。
私たちはなんとなく習慣で行っているが、たいした意味はわからないことが多い。


例えばひな祭りの「菱餅」

緑、白、ピンクの三色はそれぞれ何を示しているのか、ご存知だろうか。


実はそれぞれ、緑の大地、雪、桃を表し、芽吹き始めた大地の上を覆う雪、その溶けかかった上に桃の花が咲きはじめる春の様子を示しているのだという。(重ね方も下から緑、白、ピンクの順序が正しい。)
さらに、緑の餅に使われるヨモギは古来から薬草として、また、桃はその香りの強さから邪気を払うものとして、魔除けの意味をこめて作られる。(実際の色には解毒作用のあるクチナシを用いる)


こんな風に、日本の歳時記には実はとても深い意味がこめられていることに驚かされるのだが、なかなかそれを知る機会は少ない。

また、現代の私たちはこのような知識を単に「雑学」として扱ってしまうのも事実である。


しかし、こういったことを、もっと日本人としてのアイデンティティーを認識させるような立場で教えてくれるのが、図案塾である。


図案塾

聞いたことあるだろうか?

「日本の伝統文様を正しく理解し、新しいデザイン生かす」ことを目的として活動している団体のことで、もともとはデザイナーを対象に日本の伝統的な文様の意味合いを教育することが目的であったが、一般も対象に教養として伝統文様の講座を開いている。

今日は二ヶ月に一度四条京町家で行われる講座の日であったが、参加者は8人、驚くほど少ない…。


本日の内容は

1、三月の行事・文様の話

2、季節のお菓子で一服

3、桜で遊ぶ


1では上記のような由来の話と、季節的な文様の紹介などがあり、2でちょっと休憩。桜餅とおせんべい、金平糖などと一緒に緑茶をいただいてから、3では桜の花びらをピンクのペーパーで作って封筒に散らして遊んだ。ちょっと図工の時間。

2009蟷エ2譛・010_convert_20090221201526

2009蟷エ2譛・011_convert_20090221201636


京都で行われるにふさわしい面白い講座なので、もっと参加者が増えるとよいのだが…。

次は4月18日(土)、端午の節句の話。予定が会えばぜひ参加したい。

スポンサーサイト

comment

Secret

NoTitle

なるほど、写真で見てもお茶は深蒸しっぽいですなv-17日本人としてのアイデンティティ、知っているようで知らないこと、知らなくてもいいと思ってること、多くの人がこういうことに興味を持ってないと思われますが、知ればそれだけ・・・いや、それ以上に得るものがありそうな気がします。私も次回の講座に行こうかなv-7

ぜひぜひ

文様講座を受けると、着物の柄も楽しめるようになりますよ。だされたお茶は…ノーコメントにさせてください汗。

和柄好き♪

和柄好きなんで、文様講座気になりますね。
青海波に萌え~♪
うろこびっちりみたいやし。

お茶は次回、才谷氏にいれさせたらよかね。

和柄いいですよね

「青海波」って、陶磁器の文様としても多く使われますね。鍋島の幾何学的文様にもよく見ます。私もこの永続的な文様が好きです。なんか吸い込まれるようで…。
これ、柄から名前がついたっていうより、「青海波」っていう舞楽に使われた衣装の裂から名前がついたようです。文様の由来って、意外なところに答えがあったり…(どれも推測の域をでないかもしれませんが)。おもしろいですよね。

お疲れ様でした。

先日はどうもありがとう。
筋肉痛に悩まされてはいませんでしょうか。
学生時代は、無用な人ととのふれあいを拒絶するが為に、谷間の田舎で土を耕しておりましたが、人とは変わるもの。
山から下りた猿は、これでもだいぶん温厚になりました。
縁はタイミングと運。そのすべてが必然のものであると思っています。貴女の行動力に乾杯!
これからの二人の方向性は、その時々であちこちに向きながらも、一点に定まることを期待しています。

ありがとうございます

事務員さん>ブログへ遊びに来ていただき、ありがとうございます。こちらこそ先日はありがとうございました。
私は正直なものづくりをする方が大好きです。ものづくりが廃れたら日本は終わりだと思ってます(でかいこと言い過ぎ…)。
だからつくり手を大事にしていきたい。自分自身の立場がこの先どう変わっていっても、その姿勢をちゃんと伝えられるようでありたいと思います。
またいろいろお話聞かせてくださいね。
プロフィール

二人静◇

Author:二人静◇
京都在住の東京人。
小さい頃から表具屋の祖父にくっついて美術館、お茶会、能楽堂に通ううち、日本の芸術文化のとりこに…。
心豊かな和美・茶美らいふを送りたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。